子供の踵・膝の痛み

子供の踵・膝の痛みに三井郡大刀洗町鵜木の整骨院九州スポーツ障害研究所が効きます

子供の成長期には様々な問題が起こると思います。
特に気になる問題として、子供の踵・膝の痛みがあります。
これはまだ骨が骨化していない成長期に起こるものとして8歳から12歳にかけて痛みを訴えることが多いです。
やり過ごせばいずれは完治するものですが、痛みがあまりにもひどいときは、三井郡大刀洗町鵜木の整骨院九州スポーツ障害研究所で対応いたします。

「靴がはけなくなることもあります」

成長期に起こるものとして、子供の踵・膝の痛みはセーバー病やオスグッド病とも言われています。
急激な成長に骨や関節が悲鳴をあげ、それが痛みとなって子供を襲います。
痛みをかばうために無理な姿勢をして、そこからまた別な痛みを誘発することもあります。
膝の痛みで歩くことが困難になったり、かかとの痛みでは靴を履くことが困難になったときは、三井郡大刀洗町鵜木の整骨院九州スポーツ障害研究所が解決いたします。

「成長期は運動をしないほうがいいのか」

子供の踵・膝の痛みは親にとっては心配なものです。
成長期に運動のしすぎで症状が悪化するという意見もありますが、そうではありません。
適切な処置をすれば大丈夫ですし、成長期が終わってからも痛むということで気になるようでしたら、三井郡大刀洗町鵜木の整骨院九州スポーツ障害研究所にお越しください。

当院へのアクセス情報

所在地〒830-1224 福岡県三井郡大刀洗町鵜木54-1
駐車場15台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号0942‐77‐6966
休診日土曜午後、日曜、祝日