半月板損傷

半月板損傷の疑いのあるときは三井郡大刀洗町鵜木の整骨院九州スポーツ障害研究所までお越しください

膝を伸ばしたり曲げたりしたときにひっかかりがあるような違和感を感じることはないでしょうか。
半月板損傷は加齢などにより膝の関節軟骨がすり減っていくことで起こります。
普段は何も感じることがなくても階段の上り下りの時に痛みを感じることがあるときは、三井郡大刀洗町鵜木の整骨院九州スポーツ障害研究所で早めの処置をしましょう。

「このような症状のときは要注意」

普通に歩いても膝に痛みを感じる、膝の曲げ伸ばしをするとひっかかりがある。
このような状態でも仕方がないこととして生活を続けている人がいます。
これらの症状のほとんどは半月板損傷です。
完治させることができますし、なによりも痛みをやわらげることができます。
まずは三井郡大刀洗町鵜木の整骨院九州スポーツ障害研究所にお越しください。

「様々な処置を行い痛みを取ります」

半月板損傷と聞くと、とてつもない病気のように思うことでしょう。
しかし、耐えがたい痛みとはすぐに決別できます。
薬や手術に頼ることなく、手技によるマッサージやストレッチ、テーピングによる関節の固定などこれだけでも痛みを緩和させることができます。
三井郡大刀洗町鵜木の整骨院九州スポーツ障害研究所は患者さんの痛みを取るために最大限の努力を惜しみません。

当院へのアクセス情報

所在地〒830-1224 福岡県三井郡大刀洗町鵜木54-1
駐車場15台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号0942‐77‐6966
休診日土曜午後、日曜、祝日