Blog記事一覧 > 未分類 > 子供の成長痛!!筑豊地方の嘉麻市より踵、足首の痛み(シーバー病と診断され)のサッカー子供さん、久留米市より両膝オスグット病の新体操の子供さんの施術

院長のひとりごと

子供の成長痛!!筑豊地方の嘉麻市より踵、足首の痛み(シーバー病と診断され)のサッカー子供さん、久留米市より両膝オスグット病の新体操の子供さんの施術

2014.09.09 | Category: 未分類

こんにちは(^^)/

子供の成長痛、膝・かかとの痛み専門治療院の九州スポーツ障害研究所です。

最近は、野球をやっている子供さんが野球肘・野球肘の痛みで多く来院されています☆

昨日、サッカー少年のお母さんに「インターネットで症状について調べていましが、野球治療は多いけど、サッカー治療って少ないですよね?」って言われました。

確かに!!!

当院は、県外からもサッカー少年が来院しておりますのでサッカー中の痛みも一度ご相談ください(^◇^)

 

サッカーをしている小学4年生の男の子です。

半年前から走る際に足首に痛みが出るとのことでした・・・

外科、整形外科に行かれたそうですが両方とも違う症状を診断され、痛みも強くなってき

インターネットで調べられたそうです。

普段は痛みがないとのことで、まずは外を走ってもらい痛みの出る場所、動作、原因の確認をしました。

__ 1__ 2__ 4

その後体のバランスを診て、施術開始!

途中歩いたりして確認し、一つ一つ問題を解決していき

遠方からだったので2回治療を受けていただき最後外を思いっきり走ってもらい確認です

__ 1__ 2

本人も違いが分かり、軽いと↑↑笑顔でした(^_^)

 

夕方は、久留米から半年前から両膝が痛いとオスグット病の新体操の中学生でした(^^)

__ 1__ 2__ 3

こことここが痛いとのことでした!膝の屈曲もこの角度で痛いそうです(*_*)

お母さんにも全身のバランスを分かりやすく見ていただき

なぜ痛みが出ているか原因の説明をし

施術開始!まずは、下半身の緊張をとり

この子もなかなか通えないことでしたので、2回治療を受けてもらいました!

__ 1

2回目で骨盤、腰、股関節周辺、上半身を整え

一回目の治療で10⇒5~6に減り、2回目で痛みがなくなり

練習での注意点、自宅でのケア方法を伝え終了です(^_^)v

__ 2     __ 3

これだけ曲げれるようになりました☆

九州スポーツ障害研究所では福岡県内、福岡県外(熊本、佐賀、大分、北九州、古賀、宗像、飯塚、行橋、福岡市内、筑紫野、朝倉、小郡、久留米、八女、柳川、大牟田)からたくさんの患者様が様々な症状で来院されています。

野球肩、野球肘、ヘルニア、分離症、すべり症、狭窄症、股関節痛、股関節炎、股関節症、オスグット、シンスプリント、シーバー病と他の医療機関に行ったが中々症状が改善しない方は是非一度ご相談ください!

 

当院へのアクセス情報

所在地〒830-1224 福岡県三井郡大刀洗町鵜木54-1
駐車場15台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号0942‐77‐6966
休診日土曜午後、日曜、祝日