サッカー治療

サッカー治療に定評のある三井郡大刀洗町鵜木の整骨院九州スポーツ障害研究所

スポーツには怪我がつきものだといいますが、できることなら怪我なくスポーツを楽しみたいものです。
しかし、楽しむスポーツではなく勝つためにスポーツをしている人たちにとっては以下に怪我とうまくつきあっていくかが重要となってくるのです。
特にサッカー選手は怪我が多いスポーツです。
三井郡大刀洗町鵜木の整骨院九州スポーツ障害研究所はサッカー治療の専門家集団です。
怪我とうまくつきあっていく方法を伝授します。

「放置は厳禁です。軽く考えないように。」

サッカー治療で多いのは、一番が打撲、そして足首の捻挫、肉離れと続いていきます。
そして、半月板損傷や、靱帯断裂のような症状になってくると治療にかなりの月日がかかってしまいます。
これらはまず、外科でレントゲンや治療を受けることとなりますが、それだけでは細かな治療はできないこともあります。
少しでも早く治したいのであれば、三井郡大刀洗町鵜木の整骨院九州スポーツ障害研究所がお役にたちます。

「サッカーは縦横無尽に走り回ります」

このことから、サッカーは関節を痛めやすいスポーツであるともいえます。
少しでも膝に違和感があるのでしたら、試合で90分間走り回ることはできません。
走る人で1試合に10キロは走る計算になるようです。
サッカー治療に膝のケアは欠かせません。
三井郡大刀洗町鵜木の整骨院九州スポーツ障害研究所におまかせください。

当院へのアクセス情報

所在地〒830-1224 福岡県三井郡大刀洗町鵜木54-1
駐車場15台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号0942‐77‐6966
休診日土曜午後、日曜、祝日