テニス治療

三井郡大刀洗町鵜木の整骨院九州スポーツ障害研究所

テニスも競技人口の多いスポーツでテニス部はほとんどの中学校からあると思います。
そのためにできた言葉でテニス肘というものがあります。
肘の外側に痛みが走る症状なのですが、手関節の使いすぎによって起こります。
もちろんテニス以外の日常的な動作によっても起こります。
テニスは見た目よりもハードで力のいるスポーツです。
肘の違和感を感じた時はテニス治療で是日、三井郡大刀洗町鵜木の整骨院九州スポーツ障害研究所をご指名ください。

「筋力を付けることで予防ができます」

関節痛などは多くの場合周囲に筋肉をつけることで予防ができますし、関節痛が慢性となった場合も周囲に筋肉を付けることで痛みを緩和させることができます。
いっぽうで女性は筋肉がつきにくく、テニスで強いボールを受けたときにその衝撃だけで肘を痛めてしまうこともあります。
そのようなテニス治療にも三井郡大刀洗町鵜木の整骨院九州スポーツ障害研究所はお役にたちます。

「無理をしないことが肝心ですが」

日本には昔から根性が美徳とされてきました。
人より劣っているのであればその人よりもっとがんばればいいという風潮です。
これは間違いではありませんが、それによって選手生命を縮めることもあります。
それでもがんばらなければいけないのであれば、テニス治療で三井郡大刀洗町鵜木の整骨院九州スポーツ障害研究所が全面的にバックアップします。

当院へのアクセス情報

所在地〒830-1224 福岡県三井郡大刀洗町鵜木54-1
駐車場15台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号0942‐77‐6966
休診日土曜午後、日曜、祝日